自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険と呼び通称自賠責保険と言うものになります。

自動車損害賠償責任保険は属に、強制保険と言われマイカーを決められた期間ごとの車検に通すときにはその期間内に有効な自賠責保険に入っていなければなりません。

わかりやすく言えば全ての車は加入が必要だという保険ということです。

それではその車に自賠責保険がついたまま手放したケースではどうでしょうか。

自賠責保険という保険は車検時に更新されるというケースが存在しますがもしも自動車損害賠償責任保険に加入した車を手放した場合は、払った金額が返ってくるという事例は全然ないと思います。

なぜならば、自賠責保険の加入を一回抹消して、次の保有者に移すのは多少面倒なのです。

ですので強制保険(自賠責保険)の場合は、名義を変えて自動車と一緒に渡すということが普通です。

それと同じだけの額を買取額に上乗せしてくれるものです。

強制保険は自動車税と違い、支払った金額を1ヶ月単位で割った額が返還されるやり方ではなく査定額に上乗せといったような手段がとられるのが通常ですがこれが査定シートに明記される場合はほとんどありません。

そのため、車買取のときは自賠責保険の分の金額が売却額に反映されているかを確認する必要があります。

あなたが納めた金額がどのくらいの金額かだけでも把握しておけば、見逃すことはないと思います。

それぞれの自賠責保険の額に関しては、加入期間により違うため、注意しましょう。

クルマの廃車時には自賠責保険の名義を変更する必要があります。

仮にこれを忘れていたら、保険業者からあなた宛てに自賠責保険の満了を知らせる便りが届いてしまいます。

手放すか悩んでいる自動車が少しでも無駄なく査定されることを応援させて頂きますね。

  • Copyright © 2012 www.blushbodybar.com All Rights Reserved.