クルマを買い取ってもらう場合、それから所有車の下取り時もどちらも印鑑証明が必要になってきます。

この印鑑証明について説明しましょう。

印鑑証明とはある印鑑が実印として認められているという事実を保証する目的の書類です。

この書類がない場合には、その印鑑について実印で間違いないかどうかが裏付けられません。

大金が動く商談になる車両の買取なのでどうしても実印が要ることになりますが、それと同時に印鑑証明が登場します。

この印鑑証明を実際に発行するには、その前に印鑑証明することが必要です。

書類に登録する印鑑は正式には実印と言われこの世に一つだけの判子でなくてはなりません。

この印を持って近所の役所の担当部署へいけばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードというものが発行され、印鑑登録をしたハンコは実印ということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには役所の担当部署へ行き専用の用紙に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

そして、自動交付機でも印鑑証明の書類を発行することができます。

印鑑証明には有効期限はないのです。

なので、どんなに前の印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は持続するということになります。

しかしながらクルマ買い取り時には効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。

通常は有効期限を気にする必要はないですが、中古車の買い取りの際には店側が期限を教えてくれるので仮に買取を考えているのであれば買い取り前に準備しておく必要があります。

  • Copyright © 2012 www.blushbodybar.com All Rights Reserved.